綺羅と申します。和楽器が好き、カレーが好き、音楽が好き。平成の武満徹を目指し、独学で作曲を始めて云十年、我が道を行く只のヒトのたわごとです(*´∀`*)

【和楽器笙は唄う】和楽器MIDI改造続編【笙】

【和楽器笙は唄う】和楽器MIDI改造続編【笙】

キスミー!

どうも!綺羅です(*´∀`*)
IMG_5039

和楽器界始まって以来のクレイジー企画。
和楽器をarduinoを使ってMIDIコントローラー化する!(※エレキ化した三味線や箏は結構聞くのですが和楽器のMIDI化はあまり前例がない気がするのです)

作業はこんな感じ
1.笙の音をレコーディング、サンプリングする→済み
2.ableton liveで再生可能なセッティングにする→済み
3.arduino unoでプログラム(スケッチ)組む+タクトスイッチで演奏してみる。→済み
4.笙にタクトスイッチを装着+配線する→済み
5.テスターにて配線チェックする→取り急ぎテスターでチェックできる外側のスイッチは完了
ここまで作業済みです。
IMG_5813

なぜ、あえて笙をMIDI化するのか?と思うかも知れません。
笙は不安定な楽器で、演奏前、演奏の合間、演奏後に火鉢で温めなければならない。
雅楽ではA=430㎐なので他の楽器と合奏するにはどちらかがチューニングを変えなければならない、そしてチューニングの変更は分解して蜜蝋を溶かして調整する必要がある。
などと気軽に演奏できる楽器ではないのです。
いろんな楽器に触れてきた作曲するヒトなら、使用する楽器によって曲が変わるのがわかるはずです。(例、ギターで作曲するのとピアノで作曲するのでは曲の感じが変わる。)
是非、この類をみない和音演奏楽器で独特な曲を作ってみたいと思っているのです。いいフレーズが思いついてから数十分火鉢で温めてたらインスピレーションも消えるわ!爆∑(゚Д゚)

ちなみに、すべて休日の朝、早起きした時間に作業しているのでなかなか進みませんw
(※平日の朝は別にやることがあるのです。いま伊勢神宮で唱えるための祝詞を覚えているので←爆)

とりまえず
配線チェックがジョジョに仕上がりつつあるのでお楽しみに!
早く音が出したい(*´∀`*)💦

とれとれきゅん

和楽器drumnbassのSEIMEI

LIVE&製作などお問い合わせはpurecure2011@gmail.comまで!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント

    • twitter
    Copyright © 綺羅(空心斎) All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.